メインコンテンツにスキップ

[国際交流]留学生研修旅行を実施しました

ニュース

 沼津高専では、留学生の交流を深めるとともに、日本の歴史・文化を実地に体験するための研修旅行を毎年実施しています。
 本年度は、伊豆・修善寺方面への研修旅行を実施し、インドネシア1名、マレーシア3名、モンゴル2名の外国人留学生6名が参加しました。
 学校を出発し、修善寺温泉の紙谷地区にある工房で紙の歴史、和紙の歴史、和紙の材料や工程等を学んだ後、和紙つくりの工程の一部である「紙漉き」を通して日本文化の体験をしました。昼食後は、伊豆半島ジオパークミュージアムジオリアにて、伊豆半島の成り立ちについても学び、地球の動きの一端を目の当たりにする良い機会となりました。
 その後は、東京ラスク伊豆ファクトリーにて、コロコロラスク作りを体験し、出来立て焼き立ての熱々のラスクを美味しくいただきました。
 外国人留学生たちは、日ごろの学校生活では経験できない有意義な時間を過ごすことができました 。