電子制御工学科

概要

 私たちの日常は、さまざまな電子制御技術によって支えられています。例えば自動車、携帯電話、医療機器、これらの用途は全く異なりますが「ハードウェアをコンピュータ制御する」という点で共通しています。

 電子制御工学科は、多様な分野に活用できる専門知識と統合技術を備えたエンジニアの養成を目的としています。本学科では、電気電子工学、制御工学、情報工学、機械工学などの分野について基礎から応用までバランスよく学ぶことができます。また、あらゆる技術の基本となる数学、物理学、英語の学習指導にも力を注いでいます。

 低学年時は、LEGOブロックによるロボット開発、各種プログラミング演習、電子回路の設計、工場実習などを通して、制御に必要な要素技術を身につけます。4学年では、自律型移動ロボットの製作にチームで取り組み、要素技術を適切に統合する力とアイデアを実現する創造力を育成します。5学年の卒業研究では、自ら工学的問題を発見し、培った知識と技術を応用してその解決に挑みます。

 本学科の卒業生は、電気・電子系、機械系、情報系など幅広い産業分野で活躍しています。一方で、大学進学はもとより、一層深い専門知識を修得するために沼津高専専攻科への進学を選択し、指導教員のもとでさらに2年間の研究に励み、多数の研究成果を世界に発信しています。

主な授業科目

工学数理,電磁気学,計算機工学,電子機械設計・製作,回路理論,システム制御工学,プログラミング言語,工業英語,電気・機械製図,工業力学,電子制御工学実験,卒業研究

教員

(■氏名 ■職名/学位 ■専門分野 ■業績)
nagasawa
長澤 正氏
NAGASAWA Masashi
教授/工学修士
通信工学・計算機工学
kawakami
川上 誠
KAWAKAMI Makoto
教授/工学修士
画像処理・電子回路
jeong
鄭 萬溶
JEONG Man Yong
教授/博士(工学)
振動工学・信号処理
ooba
大庭 勝久
OOBA Katsuhisa
准教授/博士(工学)
流体工学
ohnuma
大沼 巧
OHNUMA Takumi
准教授/博士(工学)
電動機制御
c-ohbayashi
大林 千尋
OBAYASHI Chihiro
助教/博士(工学)
生体信号処理・ロボット工学
ushimaru
牛丸 真司
USHIMARU Shinji
教授/博士(理学)
組み込みシステム・システム制御
tohyama
遠山 和之
TOHYAMA Kazuyuki
教授/博士(工学)
誘電・絶縁材料
shizuo.suzuki
鈴木 静男
SUZUKI Shizuo
准教授/博士(地球環境科学)
生態工学・生物地球化学
kotani
小谷 進
KOTANI Susumu
准教授/博士(医学)
神経科学
y.aoki
青木 悠祐
AOKI Yusuke
講師/修士(工学)
ロボット工学・生体医工学

非常勤講師

浅井 登  / ASAI Noboru
明吉 秀樹 / AKIYOSHI Hideki
勝呂 元美 / SUGURO Motoyoshi
戸羽 辰夫 / TOBA Tatsuo
冨張 一郎 / TOMIHARI Ichiro
中道 義之 / NAKAMICHI Yoshiyuki
ページ上部へ戻る