専攻科生及び保護者各位

令和2年6月19日

専攻科生の皆様及び保護者各位

沼津工業高等専門学校長

登校による研究及び実験の対面授業開始の連絡

 平素より本校の新型コロナウィルス感染拡大防止対策にご理解・ご協力くださり、たいへんありがとうございます。 さて、本日6月19日から都道府県境をまたぐ移動自粛要請が解除されました。しかし、新型コロナウィルス感染症は完全に終息したとは言えず、いまだに感染拡大の懸念は残っています。静岡県からは、指定された東京都の隣接県との移動については感染予防の観点から、なお「慎重な行動」が求められております。そのため、本校としては、学生の皆様及び学校関係者の安全を確保しつつ、全面的に通学と面接授業を開始することは依然として困難と判断しています。一方、学生の登校禁止はすでに3か月近くに及ぶことから、学生の皆さんの心身への影響が決して小さくはないことも認識しております。
 そこで本校では、引き続き遠隔授業を継続するとともに、専攻科研究及び専攻科実験について6月29日(月)より対面授業を開始することとしました。
登校に向けての対応方法は次の通りです。
(1) 当面,教室等における3密の状態を回避する目的で、面接授業を実施するのは専攻科研究及び専攻科実験のみとし、座学は遠隔授業を継続する。ただし、 専攻科研究及び専攻科実験についても、遠隔授業の形で実施する場合がある。
(2) 登校が困難な学生については、専攻科研究、専攻科実験を含めて遠隔授業を継続する。

 学校内での具体的な感染防止対策及び対応方法については、別紙「沼津工業高等専門学校新型コロナウィルス感染症(COVID-19)予防に関するガイドライン・マニュアルリスト」に示す通りです。また、感染予防対策の骨子は次の通りです。
・ 「3密」の回避など感染症対策の徹底
・ 対人距離の確保、手指の消毒等の一般的な感染予防策の徹底
・ 罹患の可能性がある学生が発生した場合の対応方法の明文化

 なお、今回の登校開始は、決して皆様に強制するものではありません。新型コロナウィルス感染症が心身両面に及ぼす影響は個々人で異なることを踏まえ、学生及び保護者の皆様のお考えをお聞きして、柔軟に対応したいと考えています。
 大変ご不自由をおかけしますが、学校としては学生の皆様の安全を守りながら、学びを止めないよう最大限の努力をしてまいりますので、何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

以 上

ページ上部へ戻る