メインコンテンツにスキップ

研究活動

研究・産学官連携

高等専門学校は高等教育機関であり、教員の研究活動が活発に行われています。
本校では、教員が各自の専門テーマについて研究し、その成果を種々の学会または国内・国際会議で発表しています。
また、各々の専門を活かし、地域企業との共同・受託研究を積極的に行っています。
以下に研究の一端を表に示します。

沼津工業高等専門学校の研究活動について

本校では、研究活動に関する目的、基本方針及び目標についてを定め、研究活動を教育に還元し、また、高等教育機関として地域社会へ貢献する取組みを行っています。

研究活動に関する目的、基本方針及び目標について

研究活動年間報告

研究業績(教員・技術職員)

沼津工業高等専門学校研究報告

研究報告(National Institute of Technology, Numazu College Research Annual)

共同研究(外部機関と共同で行う研究)

  • 常温時及び高温時のガスケット付きフランジ締結体の微少漏えい特性について
  • 導電性複合材料の帯電・放電特性計測とその応用の調査
  • 水素水がハーブに与える影響の研究
  • ルードヴィッヒ・ソレー効果による水同位体分離に関する研究
  • 脳機能計測と行動観察に基づく挿図教材の教育効果の検証
  • 直流重畳交流ランプ電界印加時の空間電荷層評価方法の検討
  • 運動野の脳波を利用したリハビリ装置開発の基礎研究

県内外企業等と実施の共同研究23件(令和2年度実績)

受託研究(外部からの委託を受けて行う研究)

県内外企業と実施の受託研究2件(令和2年度実績)