特色ある技術者教育

学科構成

 沼津高専には5つの専門学科があり、学生はいずれかの学科に所属し、自らの専門を深めていきます。

教育課程の特徴

 沼津高専の教育課程は、一般科目と専門科目をバランスよく配置し、卒業時に大学学部卒と同程度の知識と技術が身につくものになっています。

実験・実習を重視した専門教育

1年工学基礎Ⅱ

1年工学基礎Ⅱ


 第1学年では、技術者に共通で必要な有効数学、計測誤差、安全教育および全学科の体験実験を「工学基礎Ⅰ」、「工学基礎Ⅱ」で必修として学ぶなど、低学年から実験・実習等を重視した専門教育を実施しています。

課題解決型の実践的教育

2年「ミニ研究」発表会

2年「ミニ研究」発表会


 学生が主体的に学び、課題に対する解決方法を提案するなどの創造性を育成する教育として、第4学年の「社会と工学」でおおよそ5名のグループワークを中心とした学修を行います。学生自らが地域の課題をテーマとして、工学的観点からの考察と解決案の提案を行います。これ以外に各学科のカリキュラムに課題解決型の科目が配置されています。

インターンシップ

企業でのインターンシップ

企業でのインターンシップ


 主に第4学年において約半数の学生が企業等での1~2週間の就労体験を行います。高専での学修内容の実社会とのかかわりを知ったり、先輩たちの頼もしい姿を見たりして、学生たちの学習意欲が向上します。受け入れ企業等の数は年々増加しており、ここでも本校学生が高く評価されています。

卒業研究

 5年間の学修のまとめとして第5学年で「卒業研究」を実施します。各教員の指導下で具体的なテーマについて研究を行い、発表するとともに論文としてまとめます。卒業研究を通じて、問題への取り組み方、自立的で継続的な問題解決の方法と態度の修得とともに、工学と技術の社会での役割についての理解を促します。

<卒業研究のテーマの例>
・高齢者の重心移動訓練を支援する空気圧装置の開発
・ソーラー発電における変換効率の評価と向上
・橋梁調査・点検ロボットシステムの構築
・Quadcopterの制御機構に関する研究
・農作業最適化に向けたIoTセンサネットワークの研究
・碾茶およびその香煎茶の糖吸収抑制作用に関する研究

学習サポート

 高専での学修は中学校までのものと比べて専門的で高度な内容も含むため、勉強のペースをつかむために苦心している学生もいます。このような学生の勉強の悩みや授業で分からないことを解決する場として「学習サポートセンター」があります。
 学習サポートセンターは、開放的な「Fuji cafe」と小教室「礎塾」があり、Fuji cafeでは分からないところを教員に気軽に質問したり、学生同士で教え合ったりするほか、一人で自習することもできます。礎塾は講義形式でのワンポイントレッスンや教員が勉強の悩み事を聞く相談に使われています。

外部機関による評価

機関別認証評価

 大学及び高等専門学校は、文部科学大臣の認証を受けた評価機関による機関別認証評価を7年以内ごとに受けることが学校教育法により義務付けられています。
 国立高等専門学校機構は、文部科学大臣の認証を受けている評価機関である独立行政法人大学評価・学位授与機構による機関別認証評価を受審することとしており、本校は、平成30年度に第3回目の機関別認証評価を受審し、「沼津工業高等専門学校は、高等専門学校設置基準をはじめ関係法令に適合し、大学評価・学位授与機構が定める高等専門学校評価基準を満たしている」と評価されています。

JABEE


 JABEEとは Japan Accreditation Board for Engineering Educationの頭文字をとったものであり、日本技術者教育認定機構のことです。
 同機構は技術系学協会と密接に連携しながら技術者教育プログラムの審査・認定を行う非政府団体で、大学などの高等教育機関で実施されている技術者教育プログラムが、社会の要求水準を満たしているかについて公平に評価し、認定する事業を行っています。
 本校では、本科4年生から専攻科2年生までの4年間について、単一の技術者教育プログラムである「総合システム工学プログラム」を構成しており、平成16年から日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定を受けています。
 本校の技術者教育が4年制大学の教育レベルと同等であることが保証されるとともに、プログラム修了生は、国際的に通用する基本的な学力・技術力を有する者として、社会で受け入れられることになります。具体的には修習技術者と称することができ、技術者としての重要な国家資格である技術士の第一次試験が免除されます。

ページ上部へ戻る