記事の詳細

 令和3年8月7日(土)に、静岡県東部地区の小学校5年生~中学生10名を対象に公開講座「小さな微生物の大きなチカラ -甘酒を科学する-」を行いました。

 “飲む点滴”と称される米麹甘酒づくりを通して、米麹に潜むコウジカビの姿やコウジカビの持つ酵素のチカラを調べました。お米に花が咲くように見える米麹を顕微鏡で観察すると、コウジカビの菌糸や分生子からなる姿であることに皆見入っていました。私たちの食生活に潜む微生物の能力を体験的に知ることができました。

 今回は、生徒さんの保護者の方々も参加してくださり、本校教職員と物質工学科の学生スタッフの補助のもと、楽しく実施することができました。

 

関連記事

ページ上部へ戻る