記事の詳細

 2月10日(水)、沼津工業高等専門学校地域創生交流会加盟企業と本校教員の交流を目的として、沼津工業高等専門学校地域創生交流会フォーラムを開催(同時に遠隔配信)しました。
 フォーラムには会員企業、教職員等合わせて46名が参加(遠隔配信での参加者を含む)し、河合 隆德 地域創生交流会会長と中村 聡 校長からの挨拶に続き、本校教員の研究事例紹介を行いました。
 研究事例紹介では、機械工学科 鈴木 尚人 教員、電気電子工学科 山之内 亘 教員、電子制御工学科 鄭 萬溶 教員、制御情報工学科 鈴木 康人 教員、物質工学科 古川 一実 教員、教養科 鈴木 正樹 教員の6名が発表を行い、参加者は熱心に聞き入るとともに、研究内容などについての活発な質問が寄せられました。

※沼津工業高等専門学校地域創生交流会は、地域の企業と金融機関、県や市町との連携を深める目的で2016年6月に設立され、沼津・三島の地元企業等を中心に現在38社が参加しています。

関連記事

ページ上部へ戻る