記事の詳細

 12月23日(水)15時30分から、「支援を要する学生への合理的配慮について」をテーマに、機構本部学生参事補 舩越 高樹先生を講師にお迎えし、本校教職員を対象とした研修会を開催しました。

 研修会の始めに、小林学生生活支援室長、稲津校長補佐(教務主事)より、本校における障害等がある学生への合理的配慮にむけての対応と、合理的配慮の流れについて説明があり、その後舩越参事補より、障害のある学生数の推移、合理的配慮に対する基本的な考え方、高等専門学校での支援設計、合理的配慮の決定基準など、幅広い内容ではありましたが動画も交え分かりやすくご説明いただきました。
 講演終了後、会場から活発な質問が出され、講演内容に対する関心の高さがうかがえました。

関連記事

ページ上部へ戻る