○沼津工業高等専門学校における卓越した学生に対する授業料免除規則

(平成25.4.12制定)

最終改正 平成27.12.9

 (趣旨)

第1条 独立行政法人国立高等専門学校機構における卓越した学生に対する授業料免除について(平成25年2月18日理事長裁定)に基づき、沼津工業高等専門学校(以下「本校」という。)の学習成果等において卓越していると認められる学生に対する授業料免除の取扱いについて、必要な事項を定めるものとする。

 (対象)

第2条 授業料の免除に関する対象者は、本科4年生に在学する学生を対象とする。

 (選考)

第3条 校長は、総務委員会の議を経て、次の各号の一に該当する者について授業料の免除を許可することができる。ただし、選考期日前1年以内において、学則第42条に基づく懲戒処分又は本校諸規則等違反による特別指導を受けている者については、授業料の免除を許可しない。

(1)前年度の独立行政法人国立高等専門学校機構学習到達度試験又は前年度に本校を会場として実施した一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会TOEICIPテストにおける成績が特に優秀であった者

(2)選考の基準は、以下のとおりとする。なお、同一者の重複選出も可とする。

   独立行政法人国立高等専門学校機構学習到達度試験 総合成績優秀者 1名

   ・独立行政法人国立高等専門学校機構学習到達度試験 数学成績優秀者 1名

   ・独立行政法人国立高等専門学校機構学習到達度試験 物理成績優秀者 1名

   ・一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会TOEICIPテスト 成績優秀者 1名

 (免除金額)

第5条 免除できる授業料の額は、原則として各期分の授業料の全額又は半額とする。

第6条  校長が特に認める場合は、卓越した学生に対する授業料免除について、前条までの規定によらず、対象及び免除の額を変更することができる。

(その他)

この規則に定めるもののほか、この規則の実施に関し必要な事項は、別に定める。

     附 則

この規則は、平成25年4月12日から施行する。

附 則

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

 

推薦書様式 WORD