○沼津工業高等専門学校専攻科ファカルティ・ディベロップメント規程

(平成15.3.12制定)

最終改正 平成16.4.14

(趣旨)

第1条 この規程は、沼津工業高等専門学校専攻科のファカルティ・ディベロップメント(以下「FD」という。)の実施の視点、内容等に関し必要な事項については定めるものとする。

(実施視点)

第2条 FDを実施する場合は、次に掲げる視点を踏まえるものとする。

 (1) 工学倫理への関心

 (2) 学生指導への積極的な関与

 (3) 環境問題への関与

 (4) 科学技術の進歩への関与

 (5) 地域産業への関与

 (6) 地域の工業教育への関与

 (7) 国際交流への関与

(実施形態)

第3条 FDの実施形態は、次のとおりとする。

 (1) 研修会、講習会、研究会、シンポジウム等への参加

 (2) 論文等の発表

 (3) 企業研修への参加

 (4) 技術指導の実施

 (5) 産業界における業務経験

 (6) その他前各号以外の活動

(実施内容)

第4条 専攻科担当教員は、自己の資質向上を図るため、前条各号に掲げるFDの実施形態のうちから、年間50時間以上の活動に努めなければならない。

2 前項の活動時間は、FDの実施形態ごとに時間重み係数を勘案して算出した時間とし、当該時間は、実施形態ごとに次表の定めるところによる。

実  施  形  態

内    容

時    間

研修会、講習会、研究会、シンポジウム等への参加

 

1 受講

2 学内講師

3 学外講師

1時間につき 1時間

   〃   2時間

   〃   3時間

論文等の発表(ファーストネームのみ)

 

 

1 口頭発表

2 一般論文、総説等

3 学術雑誌への査読付き論文

1件につき  3時間

   〃  10時間

   〃  40時間

 

企業研修

 

1 受講

2 講師

1時間につき 1時間

   〃   3時間

技術指導

 

1 受講

2 講師

1時間につき 1時間

   〃   3時間

産業界における業務経験

 

1 体験

2 特許出願

1時間につき 1時間

1件につき 40時間

その他の活動

1 公的な技術資格

2 国際協力事業団への参加

3 政府機関等が実施する事業への参加・協力

1件につき 20時間

1時間につき 4時間

 

   〃   4時間

(細目

第5条      この規程に定めるもののほか、専攻科のFDの実施に関し必要な細目は、別に定める。

附 則

この規程は、平成15年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は、平成16年4月14日から施行し、同年4月1日から適用する。