記事の詳細

 8月27日(土)、28日(日)の2日間、本校を会場に、日本高専学会第22回年会講演会が開催されました。
主なプログラムは以下のとおりです。

8月27日(土)
9:00~10:50 一般講演(教員等の口頭発表20件)
11:00~12:30 ポスターセッション(学生等の研究発表113件)
13:35~14:35 基調講演
         演題:新時代の高専とその人「財」育成
         講師:国立高専機構 理事長 谷口 功氏

8月28日(日)
9:00~ 9:45 一般講演(教員等の口頭発表9件)
10:00~12:30 特別企画 「進化する高専 -その方向性を探る-」
         各ブロックの状況等の講演を頂き、意見交換を行う
         司会:氷室昭三(日本高専学会技術者教育研究所 所長・米子高専校長)
          10:00~10:20 第1ブロック 岸 徳光 校長(釧路)
          10:25~10:45 第2ブロック 藤本 晶 校長(沼津)
          10:50~11:10 第3ブロック 新田 保次 校長(鈴鹿)
          11:15~11:35 第4ブロック 三谷 知世 校長(宇部)
          11:35~    意見交換

 なお、沼津高専からは、以下の学生が表彰されました。

◎最優秀ポスター賞
 「水素化マグネシウム加水分解に対する添加物の効果」
  専攻科2年:鈴木佑季

◎優秀ポスター賞
 「熱流体用温度センサの特性検定の高精度化に関する検討」
  D5:三室菜美
 「遠隔力覚転送のための双腕テレコピーロボットの開発」
  D5:高橋元太

◎活動奨励賞
 「食育支援ロボットの開発 ~食物の色から生きるための知恵を学ぶ~」
  E5:秋山奈穂、本多由佳
  E4:矢幅達也
  E3:小池菜友、小泉理佳

関連記事

ページ上部へ戻る