記事の詳細

8月6日(日)に三重県の鈴鹿サーキットで開催された「2017Ene-1GP SUZUKA全国大会」で、沼津高専の特別同好会『知財のTKY(寺子屋)』が準優勝しましたが、その前夜の8月5日(土)、レース出場を控えた学生6名が、SBSラジオ「テキトーナイト!」(土曜日21:00~23:30放送)の生放送に電話出演しました。

県内の中学・高校・大学の学生達の活動を紹介する「TNN学校ニュース」コーナーに知財のTKYのメンバー6名が出演し、番組内では知財のTKY の活動紹介やF1のコースを走るEne-1 GP SUZUKAの大会の説明、電池自転車のKV-BIKEについてなどを、ラジオパーソナリティーの鬼頭里枝さんと非常に楽しい雰囲気で話すことができました。

後日、あらためてラジオ出演時の音源を聞いた学生の感想が以下になります。

ラジオ出演時の音源を聞いた感想

パーソナリティの方がとても話しやすい方で普段と同じように話すことが出来ました。AMラジオというたくさんの方が聞いてくださっている場でEne-1 GP、KV-BIKEについて話すことが出来たので良かったと思います。リスナーの方で少しでも興味を持ってくれる人がいれば嬉しいです。(稲葉凪/電気電子工学科 2年)

稲葉くんが主に担当していたので気楽に対応できました。静岡県で放送されるということは、僕達の活動に関心を寄せる人が少なからずいるということで、少し嬉しかった。もっと頑張らないといけないと思いました。(小野寺歩輝/電気電子工学科 2年)

メディアが取り上げるような活動にはこれまで参加したことがなく、それができたことを光栄に思います。活動に取り組むことも大事ですが、活動していることやその実績を発信することも大事だと考えました。(武田光輝/電子制御工学科2年)

ラジオの生放送に上手に対応していた稲葉さんは凄いと思いました。先輩のように、事前の準備だけでなく、その場でのアドリブを入れる力なども、経験を積んで付けて行きたいです。(鈴木檀/電子制御工学科1年)

ラジオ番組がどのように作られていたのかをとても近くから知ることができました。貴重な体験ができて良かったと思います。(鈴木涼太/機械工学科1年)

大勢の人に沼津高専のKV-BIKEや知財のTKYについてアピールができたと思います。パーソナリティの方と稲葉さんの受け答えで楽しんで知って貰えたと思います。僕も、稲葉さんのように大勢の人に堂々とアピールができるように鍛えたいです。(竹内寛人/電気電子工学科1年)

関連記事

ページ上部へ戻る