記事の詳細

沼津朝日新聞(7月5日号)の「シリーズ最先端を行く 沼津高専の研究から21」にて、電子制御工学科の大庭 勝久准教授の研究について紹介されました。

大庭先生の専門である実験流体力学について、わかりやすく解説いただいています。

0705_numaasa

関連記事

ページ上部へ戻る