記事の詳細

 クモ工科大学へ3月上旬から3週間に渡り、短期留学していた学生4名が3月27日(月)帰国しました。
 この短期留学プログラムは、昨年2月にクモ工科大学と本校の間で調印された学生相互交流協定に基づき、国際社会で活躍できるエンジニアの育成(技術力だけでなく、語学力、コミュニケーション能力、異文化理解や日本人としてのアイデンティティ等、グローバルエンジニアとして必要な能力の涵養)を目的として行われました。
 クモ工科大学では、研究指導、語学研修、韓国文化体験、交流会など様々なプログラムを通じて韓国学生との交流を深めるなど、参加した学生にとって貴重な留学体験となりました。

関連記事

ページ上部へ戻る