記事の詳細

 1月19日(木)・20日(金)の両日、天候と雪質に恵まれた中、山梨県鳴沢村の、「ふじてんスノーリゾート」でスキー研修が開催され、3年生が参加しました。
 スキー研修は、全くの初心者から上級者までをレベル別に10名前後に班分けし、インストラクターの指導のもと実施しました。その後、スキー場近くにある「富士緑の休暇村」に移動し、夕食と風呂を済ませ、学科別に、キャリア教育の一環として、「きっかけのキッカケ」という名のワークを担任指導のもと実施しました。ここでは、事前に行ったアンケート結果を基に、「自分を分析」し、「級友を知り」、「先人を知る」ことを行いました。「先人を知る」では、引率の教員から「先生が高専の教員になったきっかけのキッカケ話」を聞いたクラスもありました。このワークを通して、学生は、自分自身の過去と現在を分析し、将来を考えるきっかけ作りを行いました。
 2日目は、朝9時から昼過ぎまで、再びスキー練習を行いました。スキーの技術も、皆、初日最初に比べかなり上達した様子がうかがえました。
 これらの研修による集団訓練を通して、協調性、社会性、自立心を養い、お互いの友好を深めることができました。

関連記事

ページ上部へ戻る