記事の詳細

 沼津高専には、現在、アジア・アフリカの4カ国(マレーシア、ラオス、モンゴル、ケニア)からの留学生(6名)が在籍しています。
 11月6日(日)高専祭において、留学生が母国の概要や各国の多彩な文化などを紹介する「留学生の部屋」を開催しました。
 留学生にとっては、日本人学生だけでなく、地域の皆様などと触れ合うことにより、コミュニケーション能力を磨く貴重な機会となりました。

関連記事

ページ上部へ戻る