記事の詳細

 8月29日(月)~30日(火)の1泊2日で行われた寮生リーダー研修会の中で、「コミュニケーション能力を刺激する120分」とのタイトルの基、外部講師によるコミュニケーションスキル研修が行われました。
 指導してくださったのは、静岡県舞台芸術センター(SPAC)の永井健二さん(俳優)と、仲村悠希さん(制作部)の2名です。「魔法使いの手」や「声のキャッチボール」、「プレゼントリレー」などの6つのワークショップで構成されたプログラムで、約120名の指導寮生が情報伝達の難しさや、思いを正しく伝える工夫などについて学びました。
 受講後のアンケートでは、棟役員学生の約8割が「受講してよかった」と答えました。また「自分のコミュニケーションを見つめ直す良い機会になった」、「今後指導するときに、自分の基準で考えず、相手がどう受けとるかを想像して言葉を選ぶ事を心がけたい」などの感想もありました。
 寮生リーダー研修会では、他にもグループ別話し合いや、ゴミ分別講習、レクリエーションなどが行われました。この2日間の研修会で学んだことを、それぞれの指導寮生が9月からの寮生会活動に活かしてくれることと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る