記事の詳細

 4月27日(水)に、緊急地震速報が出されたとの想定の下で、全学生と全教職員による地震に対する防災訓練を実施しました。避難指示が出ると、学生達は決められた第一次避難地に移動して安否の確認を担任教員から受けた後に、第二次避難地のグランドへと速やかに集合していました。
 熊本地震から間もないことや、近い将来に東南海地震の発生が予測されることもあり、学生も教職員も真剣な面持ちで訓練に取り組んでいました。同校では今回の訓練での不具合点を洗い出し、より有効な訓練を目指して改善を行うことにしています。

関連記事

ページ上部へ戻る