記事の詳細

 新入生に対する合宿研修が,4月22日(金),23日(土)の2日間,国立中央青少年交流の家(御殿場市)で実施されました。自己を見つめ直してこれからの高専生活への決意を新たにすること,先生や学友との相互理解を深めること,学校の仕組みを学ぶこと,という3つの目標達成のため,さまざまな活動が行われました。

 一日目は,教務主事,学生主事からのガイダンス,学生生活支援室,学習サポートセンターの紹介があり,学生たちは本校の仕組みについて学びました。また,午後は班に分かれてオリエンテーリングを実施,他のメンバーと協力してポストを探し,高得点をあげた班がいくつもありました。夜はクラス別ミーティングで,自己紹介など,お互いのことをよく知る機会を設けました。

 二日目は,各学科長による学科別ミーティングを通して専門学科の内容の説明を受け,自らの将来の目標に対する認識を新たにしました。その後のクラス別ミーティングでは中学校の恩師や保護者の方々に対し,感謝の気持ちをこめて手紙を書きました。

 ひとりひとりが3つの目標の達成に向けて熱心に取り組み,また集団行動の中で,自主的に,責任ある行動をとることができた充実した研修でした。

 

関連記事

ページ上部へ戻る