記事の詳細

 平成28年度入学式を4月5日(火)にて挙行しました。
 この日入学したのは、本科新入学生210名、外国人留学生1名、編入学生5名、専攻科入学生25名の計241名です。
 最初に藤本晶校長が新入学生に入学許可を宣言し、「今日から沼津高専で科学技術の基礎を学び、応用力を身に付け、創造性豊かな実践力を持った技術者として、科学技術の発展や、私達の暮らしを豊かにする「ものづくり」に貢献できる技術者への道に、その第一歩を踏み出されました。各学科の専門科目、考えを纏める基本となる国語、グローバルコミュニケーションに必須となる英語、そして高い倫理観を養う社会科目や心身を鍛える体育等、技術者に必要となる多くの科目を学び、社会に約立つ優秀な技術者として巣立たれることを心より期待しております。」と告示を述べました。
 その後、入学生を代表して物質工学科1年粟野興紀(あわの こうき)さんが「一緒に入学する仲間たちと切磋琢磨し、時には協力し合いながら工学に関する専門的な学習や寮生活などに一生懸命取り組み、高専生活を有意義なものにし、世の期待に応えられる人となることを謹んで宣誓します」と述べました。

校長告辞
 

関連記事

ページ上部へ戻る