記事の詳細

 2月3日(水)、本科5年、専攻科2年の学生を対象に、キャリア支援特別講座が行なわれ、「社会人準備講座」として、「これから社会に出てゆく君たちに」との演題で本校の藤本晶校長による講演を開催しました。
 講演では、よく遊んだ幼少時代、男子学生が100%だった高専での学生時代、企業や大学における研究・開発時代、自らの研究とは他に感性工学の手法を使って地域の企業人・研究者と地域貢献を目的とした商品開発を行ってきた和歌山高専の教員時代を経て本校に校長として赴任するまでのエピソードを紹介しました。この校長自身の人生を通して「常に前向きであり、楽しく仕事やプライベートに打ち込んでいくべきだ」と、これから社会に出てゆく学生への期待と一種の羨望にも似たエールを送りました。他にも「1つは人に負けない専門分野を持とう」、「運は努力についてくる」、「教育は、自分以上の人間を創ることができる」、「体力作りは、年を取ってからでは遅い」、「若い時を無駄に過ごすな」など、様々なメッセージを送りました。
 本講演は、簡単なクイズ形式のゲームを取り入れて行うなど大いに盛り上がりをみせ、会場に詰めかけた教職員も今後の参考にしようと熱心に耳を傾けていました。

関連記事

ページ上部へ戻る