記事の詳細

 11月14日(土)に鈴鹿高専を会場、主幹校にして開催された第9回東海北陸地区高専英語スピーチコンテストに機械工学科4年茶田智来くんが”Acceptance”、物質工学科4年青木匠門くんが”Take Action”のタイトルで参加しました。
 両名とも練習の成果を十分に発揮した素晴らしいスピーチを披露し、8高専9キャンパスから集まった15名の参加者の中、見事に茶田くん、青木くんとも3位入賞を果たしました。全国大会出場は2位までですので一歩及びませんでしたが、練習の成果が出て本当に良かったと喜んでいました。また、沼津高専からも東海北陸地区高専英語スピーチコンテストあるいは全国プレコンで5年間続けて入賞者を得ることができました。

 本コンテストの主な結果は以下のとおり。なお、東海北陸地区に加え、他地区の結果はこちらからどうぞ(近々掲載予定)。

 優勝 富山高専(射水)4年(全国大会出場)
 2位 金沢高専    4年(全国大会出場)
 3位 沼津高専    4年(茶田くん)
    沼津高専    4年(青木くん)
 全出場者       15名

20151114東海北陸地区高専スピーチコンテスト

関連記事

ページ上部へ戻る