記事の詳細

 10月28日(水)に学生及び教職員を対象に平成27年度文化講演会を開催した。
 例年、文化の日にちなみ、学識経験者を招いて開催しているもので、本年度は講師に本校物質工学科の前身となる工業化学科の卒業生でもある本田技研工業株式会社 社友 山本芳春(やまもとよしはる)氏を招き、「ホンダ・イノベーションの実践」―リアルなモノ創りはリアルに面白い―と題した講演を行った。
 山本氏は、本田技術研究所代表取締役社長や本田技研工業株式会社取締役等の要職を務め「HONDA」の技術開発を牽引してきたトップのひとりである。
 講演では、山本氏が関わったHondaJetの開発についてのエピソードや若手技術者が中心となったプロジェクトによって生まれたS660やUNI-CUBについて開発途中のスライド等が多く紹介され、社員が一体となって取り組むものづくりの魅力について熱く語られた。
 実際にモノを創り社会に送り出していく様子が身近に感じられる講演であり、学生たちは熱心に聴き入っていた。本講演は学生が自身の将来を見つめ直す良い機会となった。

関連記事

ページ上部へ戻る