記事の詳細

 平成27年7月10日~11日に,学生寮に鈴鹿高専寮生会学生9名と教員3名が指導寮生交流研修会のため来寮しました。
 到着後、簡単な自己紹介、寮内施設見学を行い、夜はお互いの寮生会活動紹介などを行った後意見交換を行い、交流を深めました。学生はその夜寮の部屋に宿泊し、点呼や食事、入浴など沼津高専の寮生活も体験しました。
 寮長の水溜雄作君(電子制御工学科4年生)は、「他高専の寮の様子を知ることができるとても貴重な時間となりました。最終的な目標が同じでも、そこにたどり着くまでの方法はたくさんあることを改めて認識することができました。沼津高専の寮生にあった方法を提供できるように、今回の経験をきっかけに生活を見直していきたいです。」と述べていました。

関連記事

ページ上部へ戻る