記事の詳細

 東海地区5高専に在学中の外国人留学生が一堂に会し、それぞれの自国の状況、在留中の勉学・生活状況等について情報交換を行うとともに、共通の活動を通じてお互いの理解を深め、今後の留学生活に役立てることを目的として毎年開催されています。
 今年度は豊田工業高等専門学校が世話校となり、愛知県豊田市等にて開催され、沼津高専からは外国人留学生4名(マレーシア2名、インドネシア1名、タイ1名)、教職員4名が参加しました。
 天候にも恵まれ、留学生たちは岡崎市内の歴史的名所見学や、日本古来の折り紙や竹細工、習字などを体験するとともに、夜間の交流会では他学校の留学生とゲームや課題に取り組み、積極的に交流していました。
 なお来年度は本校を世話校として、開催を予定しています。

関連記事

ページ上部へ戻る