記事の詳細

 12月10日(月)、全1年生を対象に標記の講演会を行いました。講師としてお迎えした沼津香陵ライオンズクラブの森育夫氏は、映像やパワーポイントのスライドを用い、実際のデータに基づいて語ってくださいました。薬物が若者の間にいかに浸透しているか、また、その手口がいかに巧妙化しているかという現状について話されるとともに、一度でも薬物を用いると脳は二度と元通りにならないこと、また薬物に依存するようになってしまうことなど、薬物の恐ろしさを説明されました。実際に薬物の標本も持参され、学生たちはそれを見ながら、外見上は薬物にまったく見えないことなどに驚いていました。
 この講演会で学んだことをしっかりと肝に銘じて、学生たちには健全な学生生活を送ってもらいたいと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る