記事の詳細

 10月6日(土)に、沼津市立図書館で開催された「2018 NICE にほんごスピーチコンテスト」に本校の外国人留学生3名が出場し、制御情報工学科3年生のタンさんが見事に優勝しました。
 このコンテストは、沼津国際交流協会が国際理解及び多文化共生推進を目的とした教育活動事業の一環として行っているもので、日本語を母語としていない人が、日本語でスピーチし、学習の成果を発表するものです。
 出場者(14名)が、日頃感じている文化の違いや日本に来るきっかけなどを、わかり易い日本語でスピーチし、日本語習得に日々励んでいる様子が窺えるとても良いコンテストでした。
 また、コンテスト終了後には、交流会が開催され、参加者、大会関係者の皆様などとの交流を深めました。

本校からの出場者とスピーチタイトル

留学生氏名 所属学科・学年 国  籍 スピーチタイトル
ジラチウィ ジラウィット
(ハム)
電気電子工学科
3年生
タイ 挫折
ディエップ ミン タン
(タン)
制御情報工学科
3年生
ベトナム 時間
ブリンヒル ミカエ アナ
シティン(ブリンヒル)
物質工学科
3年生
マレーシア 日本とマレーシア

関連記事

ページ上部へ戻る