記事の詳細

6月15日に来日し、本校に4週間滞在していたタイのキングモンクット工科大学ラカバン校からの短期留学生(男子学生2名)が、7月13日(木)に帰国しました。

滞在期間中は、本校の学生寮で生活しながら、研究課題や日本語研修、授業聴講、企業見学、研修旅行、日本文化体験、交流会など、さまざまなプログラムを通じて高専生との交流を深めました。

高専生には、言葉では上手く伝わらないことがあっても、お互いの気持ちや思いは十分に理解し合えることが分かる良い機会となりました。

関連記事

ページ上部へ戻る