記事の詳細

6月15日(木)、タイのキングモンクット工科大学ラカバン校より沼津高専に短期留学生として2名の男子学生(ワラキマノサン・パチャラポル君、トリトッド・ニャンピタ君)と引率教員(ウェラチェット・カンガム氏)が来校しました。
 この国際交流は、国立高等専門学校機構とキングモンクット工科大学の交流協定に基づくもので、今回で4回目となります。
 7月13日(木)までの4週間、学生寮に滞在しながら専門学科の研究室において研究課題指導を受けるとともに、日本語研修、企業見学、研修旅行、日本文化体験、交流会などさまざまなプログラムに取り組みます。

関連記事

ページ上部へ戻る