記事の詳細

平成29年3月17日(金)、富士山麓医用機器開発エンジニア養成プログラム(F-met)第8期生8名の修了式を行いました。
 当日は、静岡県理事 渡辺吉章氏及び(独法)国立病院機構静岡医療センター院長 梅本琢也氏らを来賓として迎え、初めに藤本校長による主催者挨拶が行われた後、渡辺理事及び梅本院長から祝辞をいただきました。続いて修了生に修了証が授与され、その後、修了生代表による挨拶が行われました。
 当日は、受講生派遣企業はもとより、静岡県、同プログラム講師、関係機関関係者等が出席し、地元地域で注目されている医工連携の取組事業に対する関心の大きさが現れていました。

・・・詳しくは、富士山麓医用機器開発エンジニア養成プログラムHPよりご覧ください。

関連記事

ページ上部へ戻る