記事の詳細

 今年は「沼津高専と共に歩む議員連盟」や「沼津高専地域創生交流会」という、就任当初から進めてきた沼津高専の外部への組織的な窓口を立ち上げることができました。
 また教育後援会に支部組織と専門部会を設けて、保護者と学校との交流の場を広げることができました。
 これらの仕組みは、既に動き始めていますが、今後より活発に、効果的に活用して、沼津高専が組織として活動し易い環境を整えたいと思っています。
 そして学生・教職員の国際化推進の取組として、韓国クモ工科大学と交流協定を結び、学生の相互交流も始まろうとしています。

 設立や設置に関わっていただいた関係各位のご尽力に感謝します。

 これからは少しでも多くの教職員の方々に、これらの組織や仕組みに関わっていただき、学校全体が一体感を持って「チーム沼津高専」として活動できる、そんな組織にしたいと考えています。

 引き続きご支援ご協力よろしくお願いします。

学校長  藤本 晶

関連記事

ページ上部へ戻る