記事の詳細

 9月29日、静電気学会授賞式に於いて、電気電子工学科大津孝佳教授が「著作賞」を受賞しました。静電気学会著作賞は、静電気に関する優秀な著書の著者を表彰するもので、「電気機器の静電気対策」(設計技術シリーズ)科学情報出版社により、電気機器等の静電気対策に関し、その原理・方法を網羅的かつ平易に解説し、電子回路設計法などに有用のを著わしたことを讃えられたものです。
 大津孝佳教授は、静電気による電子機器の故障や誤動作の防止技術の研究を行っており、計測技術、材料開発、大気圧プラズマ応用技術など、医療機器から宇宙環境まで様々な分野から期待されています。

関連記事

ページ上部へ戻る