記事の詳細

 キングモンクット工科大学ラカバン校から本校を1ヶ月訪問していた短期留学生(男子学生2名)が7月16日(土)にタイに帰国しました。
 滞在期間中は、本校の学生寮に滞在し、研究課題、語学研修、授業聴講、企業見学、研修旅行、日本文化体験、交流会など様々なプログラムを通じて高専生との交流を深めました。
 帰国前日に開催された送別会では、短期留学生と高専生が抱き合いお互いに別れを惜しむ姿が見られるなど言葉がうまく伝わらないことがあっても気持ちや思いは十分に共有出来ることが分かるフェアウェルパーティーでした。

関連記事

ページ上部へ戻る