記事の詳細

1月20日(水)に教職員を対象に「平成27年度 第2回安全衛生セミナー」を開催した。
本年度第2回は、講師に社会保険労務士 杉本忠重先生を招き、「労働時間とは」と題し、セミナーが行われた。
杉本先生は、労働時間の長い教職員に対し、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)の重要性を懇切丁寧に語った。また、一人ひとりの取組として、人の多様性を理解し尊重し合い、自ら仕事と生活の調和のあり方について考え、その考えを周囲に理解してもらうことがとても重要であると語られた。
本セミナーは、教職員にとって、「仕事」と「生活」について考え直す良い機会となった。

関連記事

ページ上部へ戻る