記事の詳細

 本校と三島信用金庫(三島信金、稲田精治理事長、三島市芝本町12-3)は、10月1日に沼津高専と地元企業との共同研究等の交流を促進するために、「沼津高専産官学交流会」の設立に向けて準備会を発足させた。
 この交流会は、金融機関や報道機関のサポートの下で、本校の持つ技術や人材を使って地元企業の課題を解決することや、地元企業が本校で学ぶ学生に実践教育の場を提供すること等、互いの交流を推進することを目的としている。
このような教育機関と地元企業との連携を目指した産官学交流会の発足は、地元の活性化や産業振興に資するものであり、現在政府によって進められている地域創生の施策とも合致するもので、その活動や成果が期待される。
準備会では三島信金と本校が中心となって来春2月の発足を目指して協議を重ね、交流会の概要や活動内容を詰めるとともに、交流会の趣旨に賛同する参画企業を募ることにしている。

関連記事

ページ上部へ戻る