記事の詳細

 本校電気電子工学科の大津孝佳教授が新聞に掲載されました。

 大津教授は、鈴鹿市の鈴鹿サーキットで開かれる「Ene-1(エネワン)GP SUZUKA KV-BIKEチャレンジ全国大会」に参加する中学生を対象としたエネワン講習会に講師として指導されました。その様子が、以下の新聞に掲載されました。

 この「Ene-1 GP SUZUKAKV-BIKEチャレンジ」とは、充電式単三電池40本を動力源として、鈴鹿サーキットの国際レーシングコース(東コース)を舞台に1時間耐久レースに挑むというものです。KV40の自動車部門(F1のコース3周のタイムレース)に加え、昨年度からスタートしました。

関連記事

ページ上部へ戻る