記事の詳細

初めに藤本学校長より、「学生や教員同士の活発な意見交換、勉学研究の場として、この教室の積極的な利用を期待します。」との挨拶がありました。
続いて、藤本学校長、小林副校長、藤尾授業改善支援センター長によるテープカットが行われました。
この教室は、電子黒板機能を持つ短焦点プロジェクタやキャスター付ホワイトボードなどの設備を備え、アクティブラーニングの授業に使用することは元より、学生とのミーティングなど、積極的にいろいろな場面での利用が見込まれています。

関連記事

ページ上部へ戻る