記事の詳細

沼津高専(藤本 晶校長)は平成31年2月5日(火)に県東部で学校の周辺自治体である静岡県駿東郡清水町と連携協力に関する協定書を締結した。
締結式には、清水町からは山本町長、関副町長、山下教育長が、沼津高専からは藤本 晶学校長、小林副校長、杉浦事務部長が出席し調印式が行われた。
席上、山本町長から「これまでも町の送り出す優秀な人材を立派な社会人に育てていただいてきた。今後も沼津高専に協力していきたい。」との発言を受け、藤本学校長から、「高専は、地域産業への貢献が目的の一つとして設置されている。今後も、より地元に貢献していけるように、協力をしていきたい。」との話が出され、今後に期待が大きく膨らみ調印式は無事終了した。なお、沼津高専の自治体との協定締結は、沼津市、静岡県についで3件目となった。

関連記事

ページ上部へ戻る