記事の詳細

 11月18日と12月16日に、公開講座「中学生のための化学実験講座」が行われました。この講座は日本化学東海支部の主催行事も兼ねたもので、今年度で19回目になります。
 11月18日は「金属の化学」と称してめっきや合金に関する実験を、12月16日は「忍者絵の具の化学」と称して紫外線で色が変化する試薬を用いた実験を行い、28名(2日間の延べ人数は55名)の中学生が参加しました。また本校の物質工学科の学生も学生スタッフとして参加し、中学生の実験の手助けを行いました。
 実施後のアンケートには「さらに化学に興味を持つことができた」、「自分の生活に関わる身近な実験で楽しかった」、「学生スタッフさんが優しかったので、楽しく実験ができた」などの感想がありました。

参考URL 「中学生のための化学実験講座」

関連記事

ページ上部へ戻る