記事の詳細

 11月10日(土)・11月11日(土)の2日間、第53回目となる「高専祭」が開催され、2900人を超える来場者で賑わいました。
 11月9日(金)の準備日には、昨年度に引き続きドローンによる人文字撮影を実施し、撮影に成功しました。

 本祭中のメインステージでは、10日のオープニングセレモニーに始まり、吹奏楽部や軽音学同好会、アカペラ同好会のコンサートに加え、来場者を楽しませるラジオ企画等、多くの企画が行われ、会場は盛り上がっていました。また、在校生を対象とした前夜祭、中夜祭、キャンプファイヤーも盛大に行われました。
 校内では、天文部や茶道同好会などの文化系クラブの活動紹介や沼津高専ならではのロボコン部によるロボット展示の他、各学科のプロジェクトによる研究内容の紹介に受験を目指す中学生が目を輝かせている姿がみられ、今年新たに始めたNIT2.0による卒業展示も大変盛り上がりをみせました。また、高専祭に併せて、進学説明会やミニ体験授業も開催されました。更に、昨年度に引き続き同窓会企画として「卒業生による企業展示」を実施し、2日間天候にも恵まれ、大盛況のうちに終了することができました。

関連記事

ページ上部へ戻る