記事の詳細

 9月6日(木)、プラサヴェルデにて、中小企業家同友会沼津支部(以下、同友会)懇談会が開催され、電気電子工学科の望月孔二教授、制御情報工学科の長縄一智教授及び山崎悟史准教授が出席し、本校における取組みの紹介(キャリア教育、インターンシップ、地域連携)や意見交換等を行いました。
 同友会は、中小企業が地域の経済の担い手であることを自負し、地域の発展を目指すべく活動されております。
当日は、本校教員と同友会会員との活発な意見交換が行われ、本校としましても中小企業家からの意見や要望等を直接伺うことができ、大変有意義な懇談会となりました。

本校の取組みを紹介する様子

関連記事

ページ上部へ戻る