記事の詳細

早朝の雨が嘘のように晴れ渡る空の下、2月23日(金)に「未来創造ラボラトリー」の開所式を開催しました。

開所式では、藤本晶校長による挨拶の後、静岡県工業技術研究所沼津工業技術支援センター長の塚本忠士様が、本事業推進への期待を込めた祝辞を述べられました。

開所式の後半では、入居企業様による事業紹介や入居企業にインターンシップをしている学生による活動報告が行われ、和やかな雰囲気で、本校教職員及び入居企業様の間で交流を深める姿が見られました。

今後とも、積極的な情報交換を行うことによって、本事業の取組みが加速していけばと思います。

「未来創造ラボラトリー」とは

未来創造ラボラトリーとは、本校テクノセンター内に設置したラボの名称です。
この事業は、学校敷地内のラボに地域企業が入居し、研究開発事業及び本校学生の共同教育(学内インターンシップなど)を行うことをもって、地域の新産業創生及び人財育成を図ることを目的としています。
学校施設内で共同教育を実施する事業は、高等教育機関としては例を見ない先駆的な事業です。

関連記事

ページ上部へ戻る