記事の詳細

2月9日(金)本校大会議室にて、「第4回 専攻科 長期インターンシップ報告会」が開催されました。専攻科インターンシップでは、10月初旬から1月下旬までの約4か月間、1年生が企業や大学研究室等に派遣され、配属先から与えられた課題の解決に取り組みます。

昨年12月2日に学内関係者向けに中間報告会が開催されましたが、今回の報告会は、実習先や近隣企業等の皆様をお招きし、一般公開の形で開催されました。

今年は28名中、企業に16名、国内大学に8名、海外大学(韓国クモ工科大学)に2名、団体研究所に2名が派遣されました。

今年の特徴は、グローバル化を反映し、海外大学に2名の学生が派遣されたことです。報告会では、報告要旨集が配布され、さらにパワーポイントを用いて課題遂行過程とその成果について報告が行われると共に、互いの報告内容について活発な質疑応答が行なわれました。

関連記事

ページ上部へ戻る