記事の詳細

本校では現在7名の留学生が学んでいますが、留学生の生活が円滑に進むように、日本人学生がチューターとして学習や生活面で留学生のサポートを行っています。チューターを務める学生を対象にした「チューター研修会」が11月15日に開催されました。

最初に、ふじのくに多文化共生ネット代表の高澤啓子先生による講義が行われ、参加した3・4年生のチューター及び小林留学生支援委員会委員長をはじめとする留学生支援教職員は、異文化理解・多文化共生について知識を深めました。
その後の座談会では、講師から本校における留学生サポートに関する指導・助言を受け、留学生が充実した生活を送る上で、異なる文化・価値観を理解することの必要性などについて学びました。

関連記事

ページ上部へ戻る