記事の詳細

7月27日(木)~28日(金)にかけて、神奈川県と静岡県の中学生15名を対象に「沼津高専 夏の学校」を開催しました。

初日は、13時からの開校式を皮切りに、「脳の不思議」と「化学電池の製作」という90分の体験授業2コマを受けました。学生食堂での夕食後はソフトバレーボールで親睦を深め、21時より指導寮生とお菓子食べながら懇談して、学寮での宿泊を体験しました。
翌日の閉校式では、校長より修了証書が一人ずつに手渡されました。その後、参加者全員で記念写真を撮り、午後からの東レ総合研修センターでの「理系女子夢みっけ応援プロジェクトinしずおか シンポジウム」参加のため、本校を後にしました。

体調不良で1名のキャンセルがあったことは残念でしたが、両日ともに天候に恵まれ、この企画は中学生達にとって夏休みの良い思い出になったと思います。

最後に、指導寮生を始め、この企画の催にご尽力いただいた関係者の皆様に厚くお礼申し上げます。

文責 物質工学科 後藤 孝信

関連記事

ページ上部へ戻る