三つのポリシー

本科の三つのポリシー

【ディプロマ・ポリシー】(卒業認定の方針)

以下の能力を身につけた者の卒業を認定する。

  • 幅広い産業分野で、ものづくりの基本となる研究開発、設計、試作、評価等ができる。
  • 日本語および英語において、企業でのマニュアルの作成、作業の指示等、専門分野での基本的なコミュニケーション、および日常生活に必要な会話ができる。
  • 基本的な倫理観を持ち、人間性豊かで協調性およびリーダーシップを併せ持つ。

機械工学科

 機械工学科は、機械や機械システムの開発・設計・製造・評価の分野において、機械工学の専門知識と実技科目の経験を活用し、かつ電気・情報処理など幅広い知識を融合して、問題解決や提案ができ、自ら考え行動できる実践的な技術者に必要な能力を身につけた者の卒業を認定する。

電気電子工学科

 電気電子工学が社会の発展に対して果たす役割を充分理解し、問題解決のための知識修得・学習を自主的かつ主体的、実践的に行うことができ、技術者の社会的責任を果たすため技術者倫理を身につけ、ハードウェア・ソフトウェア両面から実践的なものづくりを行うことができる能力を身につけた者の卒業を認定する。

電子制御工学科

 電気・機械・情報工学のシステム統合技術に関する幅広い専門知識と知見を有し、これらを融合して工学的な課題解決に自ら考え、柔軟に取り組むことができる実践的な技術者を育成する所定の教育課程を修了し、準学士(工学)と称するに相応しい学力を身につけた者の卒業を認定する。

制御情報工学科

 コンピュータを用いた情報処理技術を中核とし、電気電子、機械、制御工学に関する幅広い基礎知識と知見を有すると共に、これらを融合して工学的な課題解決に柔軟に取り組み、総合的な判断力・実行力を発揮することで、産業の発展に貢献できる実践的・創造的な技術者としての能力を身につけた者の卒業を認定する。

物質工学科

 化学工業・ファインケミカル・食品工業等の生産技術や研究開発の分野における材料科学・生物工学系の知識の修得に加え、人文社会系の素養も身につけ、社会から信頼され、自ら考え行動できる実践的な技術者を養成するための所定の教育課程を修了した者の卒業を認定する。

【カリキュラム・ポリシー】(教育課程編成・実施の方針)

以下の方針に沿ってカリキュラムを編成している。

  • 工学の基本的な事柄を身につけ、それぞれの専門家としての必要な能力を身につける。そのために、1学年に全学科共通の「工学基礎」を、また1学年からそれぞれの専門科目および実験実習の充実を図る。
  • 異なる専門分野での協力の必要性を理解し、複合領域での基本的な学習を始める。
    そのために、2学年に「ミニ研究」を、また3学年から環境エネルギー分野、新機能材料分野、医療・福祉分野の3つの分野の科目を配置する。
  • それぞれの専門を社会からのニーズに活かすために、4学年に「社会と工学」を配置し、学んだ専門能力を用いて現実社会の課題の解決を試みる。
  • 英語のコミュニケーション力向上のために、海外への留学および海外からの留学、交流協定締結校との相互交流を推進する。
  • 1、2学年に全寮制を敷いて全学生に共同生活を体験させ、協調性およびリーダーシップ力を養うものとする。

機械工学科

(1) 低学年では教養科目を多く配置し、学年進行とともに高学年において機械工学の専門科目を多く学ぶ、くさび形に授業科目を編成する。

(2) 機械工学における基礎学力から創造的に活用する能力を養うために、機械工学の基礎的な専門科目を有機的に配置するとともに、これらを応用した科目を高学年で設ける。

(3) 実験・実習・演習科目・卒業研究を専門科目と系統的に配置し、専門知識を創造的に活用し、問題解決能力に資する能力を養う科目を編成する。

(4) 国際感覚とコミュニケーション能力を養う科目を配置し、かつ産業界における技術の社会的役割と責任を自覚できる姿勢を養う科目を編成する。

電気電子工学科

(1) 電気電子工学分野の専門的な知識を体系的に学び、技能・技術の向上と修得がなされるように科目を設置する。

(2) 科目間の「つながり」を明確化し、系統だったカリキュラムを編成する。

(3) 主体的な学びの姿勢を身につけ、「知識・技術」、「思考・判断」、「関心・態度」、「コミュニケーション能力」を養い、知識やスキルを統合して問題解決につなげていく能力や姿勢を育成できる科目を設置する。

(4) 学生実験を通じて、電気電子工学の理論や法則を体得し、実践的に役立つ知識を身につけられるテーマを設定する。

電子制御工学科

(1) 実践的な電子制御技術者を育成するため、機械工学、制御工学、電気・電子工学および情報工学に関する要素技術と、システム工学などのシステム統合化技術とを学ぶカリキュラムを編成する。

(2) 工学実験・実習・演習を通じて、機械工学、制御工学、電気・電子工学および情報工学に関する理論や法則を体得し、実践的に役立つ知識を身につけられるテーマを配置する。

(3) 4学年に「電子機械設計・製作」を配置し、ものづくり体験を通して、実践的な技術とコミュニケーション能力、チームワーク力を養う。

(4) 5学年に各研究室に所属して、担当教員の指導の下に具体的なテーマについて研究する「卒業研究」を配置し、新しい問題への取り組み方、自立的で継続的な問題解決の方法と態度を修得するとともに、工学技術の社会的、産業的役割を理解し、討論の方法を身につけ、成果について発表し、論文としてまとめる。

制御情報工学科

(1) 低学年では、情報処理技術やコンピュータに関する基礎技術を習得し、併せてメカトロニクスおよびプログラミングの演習と並行することで、コンピュータを用いた情報処理技術を学習する。

(2) 高学年では、情報処理技術を中核として、情報工学、機械工学、電気電子工学、制御工学分野に応用するために、これらの分野の核となる技術を学び、実験実習と併せて融合複合分野に対応できる技術を学習する。

(3) 全課程において、実験・実習・演習を講義と系統立てて学習し、4年生の創造設計においてこれらを総合したプロジェクト開発をチームで行い、5年生の卒業研究でより高い専門性を養う。

(4) 国際感覚とコミュニケーション能力を養う科目を配置し、専門的スキルのみならず、協調性とリーダーシップを発揮し、自ら考え動く事で産業界の発展に貢献できる実践・創造的な技術者としての素養を身につける。

物質工学科

(1) 低学年では教養科目を配置し、学年進行とともに、物質工学の専門科目を多く学ぶ,くさび形に授業科目を編成する。

(2) 物質工学について、基礎学力とそれを応用する能力を養うために、化学・数学・物理学・情報処理の工学基礎科目と、分析化学・無機化学・物理化学・有機化学・生物化学・化学工学の専門基礎科目を有機的に配置する。

(3) 学生個々の特性や創造性を伸ばすために、機器分析、錯体化学、高分子科学、分離工学、細胞工学などの専門発展科目を選択科目として高学年で開講する。

(4) 技術者として重要な技能を身につけるために、各学年に実験・実習科目を学習内容に応じて配置し、最終年度には専門的な知識および技術の実践的活用法、課題解決方法、その成果の発表方法など、技術者に求められる総合的な能力を習得するために卒業研究を配置し、自ら考え、行動できる実践的な工業技術者を養成する。

【アドミッション・ポリシー】(入学者の受入れの方針)

以下の意欲、および学力を有する者を受け入れる。

  • 科学技術に興味を持ち、入学後の学習に対応できる基礎学力を有する者
  • 科学技術を用いて社会に貢献する意欲の有る者
  • 科学技術の役割、技術者の責任を考えられる者
  • 他人の意見を聞き、自らの意見を言える者

これらの意欲、能力を推薦書、エントリーシート、筆記試験および面接などで確認する。

以上の方針に適う本科生(約200名)、4年次編入生(若干名)、3年次編入留学生(若干名)の受け入れを行う。

 

専攻科の三つのポリシー

【ディプロマ・ポリシー】(学位授与の方針)

本科の能力に加え、以下の能力を身につけた者の修了を認定する。

  • 工業技術における具体的な課題にチームで取り組み、情報を集め、実務を遂行できる。
  • 学習、研究活動の成果を日本語で発表し、議論でき、英語で記述、発表できる。
  • 自己の専門を基に、複合的な分野で、データを解析・分析する等、創造的に応用できる。
  • 異なる文化や価値観、自然との調和の必要性、工学倫理を理解し、適切に行動できる。

環境エネルギー工学コース

環境エネルギー分野において派生する社会的ニーズを分析し、さらに、数学、自然科学、修得した専門知識を応用して、工学技術的課題を解決するための手法を提案できる。

新機能材料工学コース

新機能材料分野に関する社会的ニーズを理解し,修得した専門知識と工学技術をもって,工学的な課題に対し仮説・検証を行い,創造的思考に基づく解決手法を提案できる。

医療福祉機器開発工学コース

医療福祉機器分野に関する社会的ニーズを理解し、自身の工学技術をもってこれを解決する学術的取り組みを行い、研究活動を報告書にまとめて発表することができる。

【カリキュラム・ポリシー】(教育課程編成・実施の方針)

  • 本科のそれぞれの専門を基本に、環境エネルギー工学、新機能材料工学、医療福祉機器開発工学の3つの複合(学際)領域における専門を学ぶ。
  • 専攻科研究を通じて、上記3つの分野における幅広い知識、能力を身につける。

環境エネルギー工学コース

機械工学、電気電子工学、応用物質工学、情報工学などの工学分野を融合複合した、環境と新エネルギー、エネルギー変換工学およびエネルギー応用工学を中心に深く学修する。

新機能材料工学コース

機械工学、電気電子工学および応用物質工学分野を支える基盤材料として,金属,セラミックス・炭素材料,高分子,生体材料の構造や物性,材料設計作製法について包括的に学修する。

医療福祉機器開発工学コース

機械工学、電気電子工学、情報工学などの工学分野ならびに解剖生理学、生体医用工学など医工学分野を複合融合した、医用機器工学、福祉機器工学などを中心に深く学修する。

【アドミッション・ポリシー】(入学者受入れの方針)

以下の意欲、学力および経験を有する者を受け入れる。

  • 広い視野と深い専門性を身につけて、社会の発展、公衆の福祉に寄与する意欲を持っている。
  • 工学教育を受けるために必要な数学、自然科学および英語の学力を有する。
  • 基礎的な工学について、一定の指導と訓練を受け、実践した経験を有する。

これらをこれまでの学習成果、自己申告書、推薦書、試験、面接などによって確認する。

ページ上部へ戻る