校長挨拶

a-fujimoto

校長 藤本 晶

 高等専門学校(高専)は大学と同様の高等教育機関に属し、中学卒業生に5年間、技術者になるための教育を行っています。沼津高専は全国に51校ある国立の高等専門学校の一つで、昭和37年に日本で最初の高等専門学校として設置されました。平成8年には卒業生に更に2年間の教育を行う専攻科を設置し、大学と同じ「学士」を輩出しています。

 これまで沼津高専が世に送り出した卒業生・専攻科修了生は9,700人*を超えており、そのほとんどが企業の第一線で研究開発を行う技術者として活躍しています。企業のトップに上り詰めた方や、技術部門の中枢として活躍されている方も珍しくありません。卒業生・修了生は、設立当初から今日に至るまで、社会から高い評価を受け続けています。

 技術者として活躍するには、頭で覚え、理解するだけでなく、スポーツや楽器演奏と同様に身体を動かし、身体で覚える「技術」が必要になります。この「技術」を身につけるためには若い時からの訓練がとても大切です。中学卒業後すぐに専門家から「技術」を学べる沼津高専は、技術者になるための最適な教育機関です。

 沼津高専で5年間勉強すれば、卒業時には大学卒業生よりも2歳若い20歳で、専門領域では大学卒業生と同等以上の技術、能力を身につけています。そのため企業から卒業生には28倍*を越える求人が来ています。就職で困ることはまずありません。また就職後も企業で技術者として活躍できます。

 そして卒業後も勉強を続けようと思えば、沼津高専の専攻科に進学して、本科で選んだ専門を基に、より高度な勉強ができます。沼津高専の専攻科では、1年生に14週間におよぶインターンシップを経験して貰って、学校での勉強を実社会で応用して貰うことで、社会で役立つ技術者の養成に力を注いでいます。

 またほとんどの国公立私大学が高専卒業生を受け入れています。その際に高校生が受ける大学入試センター試験の受験は不要です。高専での勉強をしっかりしていれば、特別な勉強をしなくても現役で進学できます。在学中は大学受験を気にせずに、クラブ活動や趣味、ボランティア活動等に取り組めます。

 これからの技術者にとって、海外での活動は避けられません。このグローバル化に対応するために沼津高専では、韓国のクモ工科大学とウソク大学、それに沼津市の姉妹都市のカラマズー市にあるWestern Michigan大学とも交流協定を結んでおり、毎年これらの協定校に留学して語学を学んだり、研究したりといった学生交流を続けています。

 沼津高専には560名が生活する学生寮があります。寮での集団生活で相手を思いやる優しさや自己を律する厳しさ、そして主張すべき事柄等、協調性を自然と身につけることができます。科学技術が高度化した現代では一人で出来る仕事はほとんどありません。学生寮での経験が将来の技術者としての活動に必ずプラスになります。

 沼津高専では「沼津高専地域創生交流会」を通じて地元企業を支援しています。また地元議員で組織される「沼津高専と共に歩む議員連盟」が地域と学校とを繋いでいます。さらに医用技術者を養成する社会人講座、「富士山麓医用機器開発エンジニア養成プログラム(通称F-met)」を主催し、医用関係の産業が盛んな静岡県東部の振興に寄与しています。

*平成30年度卒業生実績

略歴

昭和47年 3月  奈良工業高等専門学校電気工学科卒業
昭和47年 4月  立石電機株式会社(現オムロン株式会社)中央研究所研究員(~平成 3年 4月)
平成 2年 1月  大阪大学工学博士
平成 3年 4月  和歌山工業高等専門学校助手
平成 4年 4月  同 助教授
平成 7年 7月~ 米国コーネル大学客員研究員(~平成 8年 3月)
平成 9年 4月  和歌山工業高等専門学校 寮務主事(~平成15年 3月)
平成10年 7月  同 教授
平成15年 4月  同 教務主事(~平成21年 3月)
平成21年 4月  同 副校長(~平成23年 3月)
平成23年 4月  同 専攻科長(~平成27年 3月)
平成26年 4月~ 長岡技術科学大学客員教授
平成27年 4月  沼津工業高等専門学校校長

ページ上部へ戻る