ネットワーク利用に関する基本ルール

利用目的

1.本校のコンピュータネットワークは、教育、学術研究及び学校業務における利用を目的とする。

禁止事項

2.次の各号に掲げる一切の行為を禁止する。
1)法律に違反する行為
 ・日本国法律等に反するネットワーク上での全ての行為。
2)クラッキング行為
 ・パスワードを盗聴すること。
 ・通信内容を盗聴すること。
 ・コンピュータウィルスを意図的に配布すること。
 ・セキュリティーホールを攻撃すること。
 ・アカウントのないホストへ不正侵入すること。
 ・IPアドレス、ユーザ名を詐称すること。
3)通信を妨害する行為
 ・IP アドレスを不正使用すること。
 ・チェーンメールを発信すること。
 ・その他、通信を妨害する目的で、不要なトラフィックを意図的に流す行為。
4)人権侵害に属する行為
 ・ホームページ、ネットニュース、メーリングリストなどを通じて、ネットワーク上へ個人を誹謀・中傷するような内容の記事を発信すること。
 ・相手が不快に思うメールを送ること。
5)営利行為
 ・ホームページ、ネットニュース、メーリングリストなどを通じて、ネットワーク上に営利目的の情報を発信すること。

罰則

上記2の行為を行った場合は、アカウント停止、剥奪などの罰則を課する。
また、その行為が学則や社会規範に反するようなものである場合は、 別途学校による処罰を課するほか、告訴する場合もある。

ページ上部へ戻る