記事の詳細

 3月24日(火)に、校内にて沼津工業高等専門学校と国立遺伝学研究所との間における教育研究交流に関する協定書締結式が行われました。
 国際的にも有数の研究機関である遺伝学研究所と、県東部で唯一の理系の高等教育機関の沼津工業高等専門学校の間で連携を行うことで、地域に貢献する技術者や研究者の育成にもつながるとの期待が込められています。既に今年度、専攻科1年生1名が遺伝学研究所にてインターンシップを行っており、協定を締結することで更なる研究や技術の相互協力を目指すこととしています。
 

関連記事

ページ上部へ戻る