記事の詳細

日本化学会東海支部および国際化学オリンピック日本大会組織委員会実行委員会との共催で中学生を対象とした「中学生のための化学実験講座」を12月15日(日)に開催しました。この講座には、17名の参加があり、9:00から14:00までの間に11月17日と同じプログラムの化学実験を体験してもらいました。
紫外線を照射すると光るフルオレセインやシーライトの合成やダイヤモンドダストを再現する実験などを行いました。中学生だけでなく一緒に来ていた保護者の方も興味を持って楽しんでいたようです。
なお、この講座に対して日本化学会東海支部から化学の日(10/23)の缶バッジ、日本化学会より周期表のクリアファイル、国際化学オリンピック日本大会組織委員会実行委員会よりクリアファイルが配布されております。

関連記事

ページ上部へ戻る